ヒイラギ(ケッケ・ギギ)

f0175403_733241.jpg

玉島魚市場では、ケッケとかギギと呼ばれることの多い「ヒイラギ」。


先日、いつもゲタ(舌平目)を出荷してくださる漁師さんが、何やら魚の入った発泡スチロールの箱をジーッと眺めていらっしゃいました。
その視線の先には、ケッケの姿が―。

次の瞬間、笑顔で「これちょうだい!煮付けにする!」と。


瀬戸内は“じゃこもの”が美味しいところ。
このケッケや、石モチ(テンジクダイ)、ヌメタレゴチ、ゴリなどおいしい小魚がたくさんいます。

みなさん美味しい魚をバリバリ、むしゃむしゃ、ガジガジと、
骨まで食べれるものはしっかり食べて、
カルシウムをたくさん取ってくださいねっ!

ケッケは焼いて三杯酢、南蛮漬けにしてもおいしいです。
調理の際、表面のヌメリをあんまり洗い流さないでくださいね。
あれがおいしさの秘密?ですから~。
[PR]

by uodonya | 2009-06-02 07:03 | オススメの一品  

<< 6月は玉島特集 ヒラ >>