間近に迫る、土用の丑の日!

f0175403_19485623.jpg

「土用の丑の日にウナギを食べて夏バテ予防を!」
この時季になると、こんなキャッチコピーをよく目にしませんか?
かくいう当社も、ウナギのご予約注文書を作成しました。
写真はその一部分です。

土用と呼ばれる期間は年に4回あります。
その中でも“夏の土用の丑の日にウナギを食べる”という風習が生まれました。
これは江戸時代に、鰻屋が平賀源内に相談に行ったところ、「丑の日に“う”の字が付くものを食べると夏負けしない」という民間伝承をヒントに「本日土用丑の日」と書いて店頭に貼ることを勧めたことから始まりました。

今年の丑の日は2度あります。
7月24日と、8月5日です。

ウナギはとても栄養価の高い食材です。
特にビタミン類が豊富!
ビタミンA・B1・B2・Eを多く含んでいるため、免疫力アップ・疲労回復・肌荒れ予防など夏には最適と言えます。

ウナギ100gに含まれるビタミンB2は魚介類の中で一番含有量が多く、一日に必要な量の半分を補え、ビタミンA・B1にいたっては一日分が補えます。
ビタミンEは牛肉の10倍。
不飽和脂肪酸の酸化を抑え血管を甦らせてくれるだけでなく、肝臓の脂肪蓄積も抑えてくれます。
お酒好きの方には嬉しいビタミンも含んでいるんですよ。

夏場は食欲が減退しやすく、食べやすいそうめんなどで食事を済ます方もいらっしゃるのではないでしょうか?
栄養バランスを取るためにも、ウナギはオススメです。

料理法としては「蒲焼」が一般的ですね。
うな重やひつまぶし、う巻き、うざく(酢の物)など、いろいろとお試しください。
肝も美味です!
串に刺してタレ焼きや、肝吸いがおすすめです。

関東では頭を取って背開き。
これは腹開きが切腹に通じると考えられていたからだとか。
一度白焼きにしてから、蒸し、タレを付けて焼きます。

関西では頭付きの腹開き。
タレを付けてそのまま焼きます。
(一度白焼きにしてから、焼く場合もありますが)


※ 冷めてしまった蒲焼は、酒をふってから温め直すとやわらかく召し上がれます。


外国からの輸入が8割というウナギ。
そして、国内産のほとんどが養殖ものです。
今年はいろいろと世間を騒がしたこともあって、国産への注目度が増しています。
既に品薄の感あり。皆さま、ご予約はお早めに!
(当社では天然もののウナギも扱っております。)
[PR]

by uodonya | 2008-07-16 20:37 | お知らせ  

<< 82.8MHz ダツ >>