カテゴリ:ねこ娘の「魚っと豆知識」( 4 )

 

ノドグロ

f0175403_1254691.jpg

アカムツは、別名「ノドグロ」と呼ばれています。


何故かって?


上の写真をご覧頂ければお分かりになるでしょう。
口を開けてみると…。
その奥には、真っ黒なノドが!
そのまんま…、ですね(^^ゞ
[PR]

by uodonya | 2009-10-31 12:54 | ねこ娘の「魚っと豆知識」  

ねこ娘の「魚っと豆知識」第3回 カワハギ編

f0175403_2044886.jpg



「さぁ、ハッタ、ハッタ」

「丁か、半か?」

「半!!」

「四六の丁」

「・・・。ええ~い、着てるもんまで全部持っていけ~!」




標準和名「カワハギ」。
サンドペーパーのような硬い皮に覆われています。
皮を剥がないと食べられないことからこの名前が付きました。

別の呼び名もたくさんありまして。
ウシズラ・ハゲ・マルハゲ、メンボ、・・・etc

そして―。
冒頭の話からご想像して頂けたでしょうか?
「カワハギ」は「バクチウチ」「バクチ」とも呼ばれるのです。
  バクチウチ=負けると身ぐるみ剥がされる

何とも衝撃的なお名前でございます。
カワハギさんが、身ぐるみ剥がされて「持って行け、ドロボー」と言ったかどうか分かりませんが、
カワハギ釣りの経験のある方は、おっしゃったことがあるかもしれませんね。
カワハギたちに“向かって”悔し紛れに「持って行け、ドロボー!」と・・・。

彼らは「餌泥棒」「餌取り名人」との異名も持ちます。
針には引っ掛からず、餌だけ持っていく名人なのです。

*************************************

泥棒したり、身ぐるみ剥がされたり。
大変な人生のカワハギさんですが、中身は良いですよ~。
特に、肝が!

旬は夏。
そして肝が肥える秋から冬にかけても美味です。
カワハギの肝は「海のフォアグラ」とも呼ばれるほど。
ねっとりとコクのある味は何ともいえませんね!
カワハギの身と肝入りの味噌汁の日は、思わずニンマリしてしまいます(^^)

刺身、煮付け、味噌汁、干物、フライ。
おいしく調理して召し上がれ~♪

骨別れの良い魚なので、お子様たちも食べやすいですね。
キレイに、キレイに、食べられます♪
[PR]

by uodonya | 2009-06-12 21:19 | ねこ娘の「魚っと豆知識」  

ねこ娘の「魚っと豆知識」 第2回 ~サヨリ編~

f0175403_23215969.jpg


私は、サヨリ。
いつも皆から、「スマートねぇ」「奇麗ねえ」なんてお褒めの言葉を頂けて嬉しいわ~♪

でも・・・。
聞いたわよっ!
人間が使う「サヨリのような人」っていう比喩のこと。
あれって“外見は良いけれど中身は腹黒い”、
つまりは性格の悪い人のことなんですって???

f0175403_23141242.jpg


確かに私は腹(腹膜)が黒いですよ。
でもねぇ・・・。そんな例えに使わなくってもいいんじゃない?
本当に人間って身勝手なんだから。もうっ!失礼しちゃうわ!!

**********************************

サヨリの腹膜は、写真の通り黒い色をしています。
そのため、見た目の美しさと違って腹黒い人のことを「サヨリのよう」と言います。

けれど、お味の方は見た目の美しさに負けないくらい“とびきり”の美味ですよ♪
ただ今、旬です。上品な味わいをお楽しみくださいね。
刺身、塩焼き、天ぷら、フライ、吸い物、干物などでどうぞ。



サヨリさん、私はあなたのことが大好きですよ~(^^)
何てったって、おいしいものね♪
[PR]

by uodonya | 2009-05-04 09:13 | ねこ娘の「魚っと豆知識」  

ねこ娘の「魚っと豆知識」 第1回 ~ボラ編~

f0175403_10294432.jpg


**************************************
我輩は“ねこ娘”である。名前はまだない・・・。
一日の3分の1以上を玉島魚市場の敷地内で暮らし、大好物は言うまでもなく“魚”である。
居心地のいいこの場所で知り得た、魚の豆知識。
少しずつお話したいと思っている。
**************************************

第1回目は、「ボラ」について。
【ボラは縁起のいい出世魚!】

 オボコ → イナ → ボラ → トド

成長するにつれて呼び名が変わるボラは縁起の良い出世魚。
関東ではお食い初めに使われていたそうです。

それなのに最近は、身が泥臭い印象があるようで、おすすめしても「ボラ~?」と敬遠されがち…。
沖で獲れたボラならば、臭みも感じないし、刺身やあらいでおいしくいただけます!
焼き物、フライにしてもおいしいんですよ~。
値段も安価なので、この不景気には嬉しい魚ではないでしょうか?


【身近な魚】
ボラの呼び名が語源になっている言葉をご存知ですか?
いくつかあるんですよ。

「おぼこ」 … まだ世慣れないこと。うぶ。

「いなせ(鯔背)」 … 粋で若々しいこと。いさみはだ。
江戸時代、魚河岸の粋な若者が髪を「鯔背銀杏(いなせいちょう)」に結っていたことから出来た言葉。

「とどのつまり」 … 結局、あげくのはて、ついに、という意味。
ボラがさらに成長するとトドと呼ばれることから生まれた言葉です。


【日本の三珍】
珍味中の珍味「からすみ」は、ボラの卵巣を塩漬けにしたものです。
[PR]

by uodonya | 2009-04-15 10:35 | ねこ娘の「魚っと豆知識」