カテゴリ:旬の魚(秋)( 11 )

 

セコガニ

f0175403_1037948.jpg

セコガニってご存知でしょうか?
大きさは、甲の横の長さが10センチくらい。
これ以上大きくなりません。

何と、みなさんがお好きなズワイガニのメスなんですよ。
大きさが全然違いますよねぇ。

ズワイガニ漁が解禁になりました。
今日の朝市には、セコガニ(島根産)が並んでいます。
お味噌汁にしたら美味しいですよ~。
何てったって甘味のあるカニミソが旨いのだっ♪
甲羅側についている赤い子もオススメ。
鍋物にも合いますよ。
是非お試しあれ!
[PR]

by uodonya | 2011-11-10 10:37 | 旬の魚(秋)  

メダイ

f0175403_10341720.jpg

秋が旬のメダイです。
山陰からやって来ましたよ~。
クリクリの大きな目をした、可愛らしい顔立ちです。マダイに似た白身魚で、脂がのっていておいしいですよ~。

お刺身、焼き物、酢の物、椀種などでどうぞ。
[PR]

by uodonya | 2009-10-08 10:34 | 旬の魚(秋)  

マサバ

f0175403_8533568.jpg

マサバの季節がやってきましたよ~o(^-^)o

刺身、酢締め、塩焼き、煮付け、フライ。
どれもおいしいですよ!
(ちなみに、私が好きなのは味噌煮)

DHA、EPA、ビタミンEが豊富で、血合いには鉄分やビタミンB群も多く、
ヘルシーな魚です。
脂ののる旬のこの時期に、ぜひお召し上がりくださいねっ!
[PR]

by uodonya | 2009-09-12 08:53 | 旬の魚(秋)  

ママカリ

f0175403_940915.jpg

岡山の魚で忘れてはならないのが「ママカリ」です。
隣に飯(ママ)を借りに行くほど旨いということから、こう呼ばれています。
標準和名は「サッパ」。

酢漬けが最高!
ウロコのついたまま焼いて漬けてもいいし、頭と内臓を取って生で漬けても美味です。

普通より大きめに握ったシャリの上に開いて酢締めにしたママカリをのせた「まるた寿司」は、祭りや祝いの席を彩る郷土料理のひとつです。

シンプルに焼いてショウガ醤油で頂いたり、唐揚げにしてもおいしいですよ。

瀬戸内の夏を感じるママカリ、ぜひご賞味くださいね♪
[PR]

by uodonya | 2009-06-09 09:40 | 旬の魚(秋)  

セコガニ(ズワイガニの雌)

f0175403_1614597.jpg

山陰地方では松葉ガニ、福井では越前ガニと呼ばれるズワイガニ。
待ちに待った漁解禁の11月となりました。

さて今日は、山陰直送のセコガニが入荷しました。
「セコガニ」とは、ズワイガニの雌のこと。
雄の甲羅幅が15センチほどあるのに対し、雌のセコガニは8センチほどしかありません。

雌は雄に比べ身が少なく味も落ちますが、卵とみそを賞味します。
その分、お値段は雄に比べて格安です。
味噌汁にするとおいしいですよ!
f0175403_17465419.jpg

[PR]

by uodonya | 2008-11-15 16:14 | 旬の魚(秋)  

舌平目

f0175403_11291455.jpg

岡山では「ゲタ」の呼称で親しまれている舌平目。
欧米では「海の女王」と呼ばれています。

活きのいいものはお刺身で。
煮付け、ムニエルは絶品です。
骨分かれがいいので、小さなお子さまでも安心して召し上がれますよ。
小さいサイズのものは、バリッと唐揚げにすると骨まで食べられます。
干物にして焼いても美味。
岡山県玉野市ではゲタをパテにしたご当地バーガー「たまげたバーガー」というのもあるんですよ!

身が厚くて、透明なヌメリのあるものがオススメです!


写真は岡山で「黒シタ」と呼ばれているものです。
ヒレが黒い「黒ウシノシタ」とは違う、標準和名「コウライアカシタビラメ」です。
[PR]

by uodonya | 2008-11-08 11:29 | 旬の魚(秋)  

シイラ

f0175403_2348492.jpg


岡山では“豊年サワラ”、ハワイではマヒマヒと呼ばれる魚「シイラ」。
秋が旬の魚です。
色も姿も独特です。
何とこのシイラという魚、ヘミングウェイの『老人と海』に登場する魚なんですよ。
今年初めて、我が社の朝市にも登場しました♪


<料理方>
活きのが良いものはお刺身で。
フライや照り焼き、バター焼きでもどうぞ。


<雌雄仲良しの魚>
高知県ではシイラの塩干品を結納に使うそうです。
トローリングなどでオスが漁獲されると、ペアのメスはどこまでも漁船のあとを追って泳ぐのだとか。
何だか切ないお話ですね。
しかし、それほどまでに仲が良いということで結納に使われているのだと思います。
魚や他の生き物から学ぶことって、たくさんありますね。
[PR]

by uodonya | 2008-10-04 23:47 | 旬の魚(秋)  

獲ったどー!

f0175403_17472799.jpg

本日、アサヒガニが入荷しました。

f0175403_1975791.jpg

茹でてもいないのに赤い色で、縦長の甲。
「これがカニなの?」と疑問を感じるくらい、特徴的な姿をしています。
f0175403_1981322.jpg


南方系のカニで、日本では四国・九州・沖縄が主な産地。
岡山ではあまり目にすることがありません。
今日のお客さま方の反応は、物珍しいので興味を持たれはするものの“敬遠気味”でした。

お味はというと。
カニとエビの中間のような感じで、とてもおいしいのですよ。
身の量も多いのでお得な気分も味わえます。
私、今日茹でて食べましたが本当に美味でした♪
是非皆さまもお試しくださいませ。

ちなみにタイトルの「獲ったどー!」ですが―。
昨日、あるテレビ番組を御覧になられた方にはお分かり頂けると思います(^o^
[PR]

by uodonya | 2008-10-03 15:47 | 旬の魚(秋)  

マハタ

f0175403_1145154.jpg

島根産のマハタです。
ハタと名の付くものはいくつかあり、我々の住む地方(岡山)で料理屋さんが好むといえば「キジハタ」です。
岡山では「キジハタ」のことを「アコウ」と呼んでいます。

さてマハタですが、おいしさはキジハタに負けません。
体に七本の褐色の帯があり、成長とともに不鮮明になります。
写真のマハタは小さく、一匹付けサイズのものでした。
大きくなると全長90センチを超すものもいるんですよ。
[PR]

by uodonya | 2008-09-28 11:45 | 旬の魚(秋)  

新イカ

f0175403_11354813.jpg

新イカとはコウイカの今の時期獲れる子イカのことです。
コウイカは、すぐ墨を出すことから「墨イカ」、甲の先に針が付いていることから「ハリイカ」ともよばれます。

コウイカの身は甘味があり、文甲イカ(雷イカ)やアオリイカと並んで刺身やすし種に最適です。

この時期、新イカは江戸前寿司に欠かせない高級材料だそう。
写真は瀬戸内海産の地物ですが、こちらはお手頃価格です。

新イカは身がやわらかく、「誰が煮てもやわらかく炊けて、おいしい」という嬉しい食材です。
小さいので下処理に手間はかかりますが、それ以上に食べる価値あり!です。

刺身はもちろんのこと、天ぷら、フライ、煮付け、ボイルしてサラダ等、アレンジ次第で和洋中何でもいけます。
1パイ丸ごと松笠の切れ目を入れて、照り焼きにしてもおいしいですよ。
お試しくださいませ。


注)白っぽい色のイカが1パイ写っているのは、アオリイカの子どもです。
コウイカもアオリイカも、触れば身がキュッと締まるほどに、よく活きていました!
[PR]

by uodonya | 2008-09-28 11:35 | 旬の魚(秋)