<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

隈蝦(くまえび)

f0175403_1121221.jpg

鮮やかな赤色が美しい、クマエビ。
今年もこの美しいエビに、やっと出会うことができました。
味も、お値段も、車エビに次ぐ高級品です!

側甲・歩脚・腹肢が赤いため、「赤足」とも呼ばれています。

生き造り、塩焼き、天ぷら、フライ、煮付け、炒め物に。
(肉は車エビよりも柔らかめではありますが、プリプリです。)
旬は夏。
[PR]

by uodonya | 2008-05-31 11:02 | 本日の朝市  

さしみしょうゆ

f0175403_920851.jpg

玉島魚市場ブランドの「さしみしょうゆ」(たまり醤油)が出来上がりました。
(製造して下さったのは、老舗の玉島味噌醤油さん)

“おさしみの味を活かし、甘めでとろみのあるお醤油です”

風味が変わらないうちに、無駄なく使いきれるようにと、100mlのミニサイズ。
お刺身はもちろんのこと、お料理にもオススメですよ。

注)
 玉島魚市場の社名の上に記してある「ヤマサ」マークは、当社の屋号です。
[PR]

by uodonya | 2008-05-30 09:20 | 本日の朝市  

イシダイ

f0175403_9301221.jpg

黒い7本の縞模様が目を惹くイシダイ。
磯釣りの代表的な魚です。

淡白な味わいで身も締まっており、刺身、洗いがおすすめです。
コリコリとした歯ごたえと磯の香り。
マダイが姿を消す夏には、珍重される味です。

イシダイ独特の縞模様ですが、成長するにつれて消えていきます。
雄はその過程で口のまわりが黒くなっていくので、「クチグロ」とも呼ばれます。
関西ではハス、また幼魚のときはサンバソウとも呼ばれています。

f0175403_16114632.jpg縞が消えかけた頃の40cm前後のものがおいしいですよ。
[PR]

by uodonya | 2008-05-29 09:30 | 本日の朝市  

魚霊祭

f0175403_17194062.jpg


今日は年に一度の「魚霊祭」の日でした。
「魚霊祭」とは、私たちが日頃“いのち”を頂いている魚たちに感謝し、その御霊をお慰めするお祭りです。
鮮魚に関わる仕事をしている人たち(当社の関係者のみ)が集まって、開催しています。

神主さんが祝詞をあげてくださり、我々も感謝と祈りを捧げました。
天気が危ぶまれていましたが、ありがたいことに雨は降らず、無事終えることが出来ました。

魚霊塔のある公園内では、鳥がさえずり、そよ風に木々が囁いていました。
魚だけでなく、私たちの「いのち」を支えてくれている全てのものにも、感謝ですね。
[PR]

by uodonya | 2008-05-28 17:45 | 市場日記(今日の出来事)  

お知らせ

本日の朝市は、水曜定休日のためお休みさせて頂きます。


本日は、休みの日を活用して、仕事関係者の方々が集まります。
年に一度の大切な行事があるのです。
その様子は後ほどお伝えしたいと思っております。
[PR]

by uodonya | 2008-05-28 04:51 | 本日の朝市  

イカ

f0175403_9494329.jpg

紋甲イカ、マイカ、ハリイカが続々と入荷しております。
旬は秋から冬とされていますが、瀬戸内海各地では、この時季よく水揚げされるのです。

写真は紋甲イカ(雷烏賊)。
名前どおり紋があります。
ハリイカは同じような色をしていますが、紋がなく、甲の先にハリが付いています。
胴の先に触れてみると、すぐに分かります。
マイカは黒っぽい色をしています。

イカは白い色をしている、と思われがち。
(現に、そういうお声を聞きます)
身自体は白い色をしていますが、体表はそれぞれ色があるのですよ。
ケンザキイカはピンク色、スルメイカは茶褐色です。
ちなみに時間が経つにつれ、白っぽくなってきます。
並べる際に、イカ同士が重なり合っただけでも色が落ちるほどです。
透明感のある綺麗な色のイカを見つけたならば、お勧め致しますので是非!

イカはとても便利な食材です。
刺身、煮付け、焼き物、天ぷら、フライ、炒め物、酢の物、干物。
主役・脇役どちらにもなります。
工夫次第で和洋中何でもいけるイカ。
常備していると便利ですよ。

本日のマイカ、一匹200円です。
[PR]

by uodonya | 2008-05-27 09:49 | 本日の朝市  

ベイカ

f0175403_8492623.jpg

昨晩どしゃぶりの雨だったので、今日は魚があまりないかな?と心配しておりましたが…。
坪網の漁師さんが、活きの良い魚を持ってきてくださいました!
その中の一つが、生きたベイカです。

生きているのでキラキラと光り、模様が動いています。
刺身で食べられます。
ベイカの刺身は、甘くておいしいのですよ。
その他、茹でて酢味噌で頂いたり、煮付けにしても美味。
炒めたり、トマトと一緒に煮込んだりすれば、洋風にもアレンジできますよ。

酒の肴にするならば、活きがいいものを酒と醤油とみりんに漬け込んで、沖漬けにするのもおすすめです。
(残った場合は、そのまま煮てください。煮付けの味も楽しめます)


瀬戸内の春を感じさせてくれる、ベイカ。
是非一度はお召し上がりください。

f0175403_12224660.jpg



本日の地物では、紋甲イカ、マイカ、ママカリ、アサリ、マテ貝、ワタリガニ、アナゴ、カタクチイワシ、ネブト、ケッケ、などが揃っております。
[PR]

by uodonya | 2008-05-25 08:49 | 本日の朝市  

マグロの解体

f0175403_19202825.jpg

先日、朝日放送「ジキルとハイド」で紹介されていた近畿大学の完全養殖のクロマグロ。
我が社では毎月定期的に、その全身トロマグロと呼ばれている「マグロの解体ショー」をやっています。

今日もやりました!
近大の完全養殖マグロには、“卒業証書”がついてきます。
安全ですよ、という証明書でもあります。



f0175403_19323548.jpg


今からが旬のマアジ。
アジは人気者の魚です。
味が良いからなのはもちろんなのですが、料理法がたくさんあっていろんな楽しみ方ができるから。
これも一つの理由なのではないでしょうか。

大きくて鮮度が抜群ならば、お刺身で!
中サイズは塩焼きで。
小さめのものは、唐揚げや南蛮漬けに。
フライや干物にしてもおいしい!
つみれにして汁物でもOKです!
タタキもいいし、ソースをちょっと工夫すればオシャレな一品にもなります。

栄養もビタミンB1・B2を多く含んでおり、唐揚げや南蛮漬けで骨ごとバリバリと食べればカルシウムも摂取できます。
皆さま、お好みの料理法でおいしく召し上がってくださいね。
[PR]

by uodonya | 2008-05-24 12:30 | 本日の朝市  

はじめまして

岡山県倉敷市にある「玉島魚市場」のブログへようこそ!
当社は、目の前は海!という環境で、鮮魚介類を扱う仕事をしている会社です。
今年、玉島港は築港350周年を迎えました。
歴史ある港町で、日々働けることに感謝しております。

さて。
当社では数年前より、従来の卸売だけでなく小売部門の「朝市」を開催しております。
(水曜日・祝日を除く、日・月・火・木・金・土のAM9:30~PM1:00)

朝市には、“今が一番おいしいよ!”という「旬の魚たち」が並んでいます。
それも、<生きて動いているものや、切り身になる前の丸のままの状態>で。

お客さま方から「今は何がおいしいの?」「どうやって食べたらいい?」というご質問をよく頂きます。
反対に、「こんな風に料理するとおいしいよ!」というありがたい情報も頂きます。
この度、お客様のそのようなお声がきっかけとなり、このブログを立ち上げることに致しました。
料理法や、目利き、その魚に関する四方山話を、画像とともにお伝えできればと思っております。

皆さまの食生活に少しでもお役に立てれば幸いです。


岡山県倉敷市玉島柏島916-2 
   玉島魚市場  有限会社
電話  086-526-7800
[PR]

by uodonya | 2008-05-24 05:30 | ご挨拶