<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

乙島シャコ

f0175403_9471469.jpg

乙島シャコ、入荷中です!!
唐揚げ、天ぷら、煮付け、塩ゆで等でどうぞ♪
[PR]

by uodonya | 2010-04-30 09:47 | オススメの一品  

さて、答えは。

f0175403_2285537.jpg


ここまでくればお分かりですよね?

答えは・・・、


アカエイでした!

f0175403_2291254.jpg


今日のアカエイは大きかったんですよ~。
お越しくださったお客さまもビックリなさるサイズでした。
写真に収められている方もいらっしゃいましたよ。
何と、18.6kgありました~(^^)
[PR]

by uodonya | 2010-04-27 22:12 | 入荷情報  

これ、なぁ〜んだ?ヒント2

f0175403_2262538.jpg

肝です。
これが美味なんです!!
我が家の今晩のおかずの一品に、コレを使う予定です。

うちのスタッフ曰く「カニミソのような味」。
確かにカニミソもカニの内蔵だからねぇ。

この肝、煮付けても味噌汁にしても口の中でとろけます♪
[PR]

by uodonya | 2010-04-27 22:06  

これ、なぁ〜んだ?ヒント1

f0175403_12445177.jpg

尾びれの部分はこんな感じです。

しっぽのトゲには毒があるので要注意!
市場に入荷する際には、
既に漁師さんがトゲの部分を切り落としてくれています。
ありがたい♪
[PR]

by uodonya | 2010-04-27 12:44  

これ、なぁ〜んだ?

f0175403_9413467.jpg

写真は、とある魚の目です。
さて何でしょう?
[PR]

by uodonya | 2010-04-27 09:41  

本マグロ♪

f0175403_14334312.jpg

今日は毎月恒例の本マグロの解体でした!

お越しくださった皆さまは、楽しんで頂けたでしょうか?
おいしく召し上がってくださったでしょうか?


私、バタバタとしていて…。
ハッと気付いた時には、もう半身におろされていました。
刀のようなマグロ切り包丁で、
格好良くおろす決定的瞬間を今回も見逃してしまいました。
残念…。
来月は皆さんと一緒に見られるといいなぁ。

ちなみに魚の写真を撮るために、いつもカメラを持っています。
マグロと記念撮影をされたい方はおっしゃってくださいね!
[PR]

by uodonya | 2010-04-24 14:33 | 本日の朝市  

地アサリ♪

f0175403_11541848.jpg

ただ今、旬真っ盛りのアサリです。
身がたっぷり、栄養もたっぷり、
旨みもたっぷり詰まっていますよ~。

味噌汁、アサリバター、酒蒸し、
アサリご飯、ぬた、パスタ、
などなど。
お好みで召し上がれ。

普段“日本酒”を使ってする酒蒸しを“白ワイン”に変えてみると、
また違った味わいでオススメです。
ニンニク・鷹の爪を入れてみてね♪
[PR]

by uodonya | 2010-04-23 11:54 | 旬の魚(春)  

「食」に関する本のご紹介

f0175403_23164617.jpg


先日ふらっと立ち寄った書店での出来事―。
題名に惹かれ手に取った本をパラパラと読みながら、
不覚にも・・・、
ボロボロと涙してしまいました。
(誰にも気付かれていなければよいのだけれど)

涙したわけは、単に悲しいとか可哀相というものではなく―。
根源的な、罪意識とでもいうような悲しさと、あらゆるものに対する感謝の気持ちとが混ざった
複雑なものでした。


さて、その本とは。


『いのちをいただく』(西日本新聞社)
文  内田美智子
絵    諸江和美
監修  佐藤剛史
原作  坂本義喜


著者である内田さんは、2500人以上の赤ちゃんを取り上げられてこられたという助産師さんです。
ご自身が講演準備をしているとき、彼女とは違った立場から語られる「いのち」についての話を耳にします。
食肉加工センターにお勤めの坂本さんのお話です。

著者は、坂本さんの話に聴き入り、たくさんの人に知ってもらいたく本という形にされました。
それが『いのちをいただく』です。


この本は絵本形式で語られる坂本さんの話に基づいたお話の他に、
監修・佐藤氏の文と写真で語られる「いただきますということ」という章があります。

************************************
 私たちは食べ物を食べて生きている。生きることは食べること。すべての食べ物は命だ。
肉も魚も野菜も米も、すべてが種を残そうとする生命体だ。
 人が生きるということは、命を頂くこと。殺すこと。
 私たちの命は、多くの命に支えられている。それを実感したときに、食べ物のありがたみが分かる。食べ物を粗末にしてはならないと分かる。
              「いただきますということ」より
************************************

現代に暮す私たちは、誰かが育てたり獲ったりしてくださった“命”を頂いています。
捌いてくれた肉や魚を食べています。
お店に並ぶ“商品”となった“命”たちが、どのように私たちのもとへ届けられているのかを、
ともすれば忘れがちになっているのではないでしょうか。


この本では、農業に携っている方・水産業に携っている方、
「知育、体育、徳育の根元に食の教育がある」を信念に保育されている園長先生が紹介されています。
生きるということの、命の、とても近くに寄り添っている方たち。
彼らの言葉も、とても深く心に響きます。
この本が伝える大切なことを、心の真ん中できちんと受け止めたいですね。


大人から子どもまで。
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん。
学校の先生方、食に関係している皆さん。
そして、未来を担う子ども達。
ぜひ、多くの方に読んで頂きたい本です。
[PR]

by uodonya | 2010-04-22 23:18 | 市場日記(今日の出来事)  

牡丹

f0175403_9151433.jpg

お客さまからお花を頂きました!
ありがたいことに、玉島魚市場のお客さまはお花の好きな方多くて。
皆さん丹精に育てられた花々を「どうぞ」と持ってきてくださいます。
いつも本当にどうもありがとうございます。

豪華&艶のあるお姿。
心が明るくなるような色合い。
素敵な牡丹の花です。

 
  「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」


昔から美人を例えてこう言われますね。
佇まいには“心”があらわれると思います。
心を美しく―。
そこにいれば周りがパッと明るくなるような、
そんな風になりたいものです。
[PR]

by uodonya | 2010-04-21 09:23 | 市場日記(今日の出来事)  

マダイ

f0175403_13385516.jpg

この季節、美しい体色から桜タイと呼ばれるマダイ!
今年はたくさん獲れていますよ~♪

お刺身、焼き物、煮付け、鯛めし。
潮汁に、アラ煮、蒸し物、寿司種などなど。

料理方法もたくさんあります(^^)

魚の王様といわれる鯛は、お味の方も王様クラスです☆
ぜひ旬のこの季節に味わってくださいね!
特に瀬戸内のマダイは最高です!!
[PR]

by uodonya | 2010-04-20 13:38 | 旬の魚(春)