<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

土日の朝市

f0175403_13384011.jpg

土日な朝市には、いつもと違う風が吹くように感じます。

お仕事休みで、毎週この曜日になるとお見えになる方。
遠方からお越し下さる方。
皆さんが集まれる日だからと、お祝いの食材のお買い物に来られる方。
わが家だけでなく、大切な方へお届けするからと、いくつも袋を分けて持って帰られる方。
そして、「一度来てみたかったのよ」と、場所を探し探しお越し下さる方。

たくさんの嬉しい出会いが、平日よりもさらに多いのが土日です。
今日も、笑顔満開の素敵な一日になりました。

いつもは早い時間に「今日の1枚」を撮るのですが、気付けば11時をはるかに回っていて…。
おかげさまで、何の魚の写真を撮ろうか悩むこととなりました。
(もしも売り場で魚の側にしゃがみ込み、携帯で写真を撮っている人を見かけたら、私の可能性大です)

アジ・イサキ・ヒラマサ・アナゴに手長ダコ、そして大漁のネブトといった夏を感じる魚たち。

その他、ワタリガニ・モンゴウイカにマイカ・ケンサキイカ。
タイやベイカにサゴシ・アサリ・サザエ等々。
たくさんの魚が並びました。
ウナギも焼きましたよ♪

そんな中、撮影したのはイトヨリです。山陰からやってきました。
目にする度に毎回思います。
何という美しさなのでしょう?この優しい色合いは―。

見た目同様、上品な味わいです。
活きの良いものは、ぜひお刺身で。やわらかな身質をお楽しみください。
蒸しものや焼き物、潮汁もおすすめです。

実は本日、私も購入しました。
ハレの日の食卓を飾ろうと思っています。
皆さまの晩ごはんメニューは、もうお決まりですか?
明日へと繋がる晩ごはん。
どうぞおいしく幸せな食卓でありますように♪
[PR]

by uodonya | 2013-06-30 13:38  

マグロDay

f0175403_8491855.jpg

本日「本マグロの解体・即売会」です。
午前9:40より。

開始時間まで、1時間を切りました!
着々と準備中です。

コロコロの本マグロ(鹿児島産)を見て、味わって(ご試食があります)、さらに雨上がりの爽やかな潮風を感じに来ませんか?
そして、今夜はマグロ三昧なんていかがでしょう。
皆さまのお越しをお待ちしております。
[PR]

by uodonya | 2013-06-29 08:49  

サザエ

f0175403_952071.jpg

口にしたのは大きくなってからと言われる方も、名前だけは小さな頃から馴染み深かったのではないでしょうか?
日曜日夕方6時30分からのテレビ番組のタイトル名でお馴染みの「サザエ」でございます。
本日の朝市に並んでいますよ♪

番組同様、年間を通じて目にしますが、旬は?と尋ねられると春から夏にかけてとお答えします。

お刺身はもちろん、醤油と酒をたらりと注ぎ入れて焼く「つぼ焼き」も美味!!
これからのシーズン、みんなでわいわいバーベキューを楽しまれる方は是非、食材にサザエを加えられたらいかがでしょうか。
さらに笑顔が広がること間違いなしですよo(^-^)o

ちなみに角が発達しているのは、外湾育ち。
写真のように角がないのは、穏やかな波の内湾育ちです。
[PR]

by uodonya | 2013-06-27 09:52  

色鮮やかな魚たち

f0175403_9185937.jpg

売り場をパッと明るくしてくれる、色鮮やかなケンサキイカ(長崎産)が入荷しました。

お刺身、塩焼き、煮付けなどに。
やわらかくて甘い、品のあるお味です。

今朝、お客様である鮮魚店様がおっしゃいました。
「じゃがいもと一緒に炊いたら美味しいんよ!刺身になるイカじゃけぇ、もったいないような気がするかもしれんけど、一回料理してお母さんに食べさせてあげて!」
是非とも近々やってみようと決意o(^-^)o

ところで皆さん、イカの絵は何色で描きますか?
白、と答える方が多いでしょうか?
イカは写真のようにピンクがかったもの、スルメのように茶褐色のもの、紋甲のように模様があるものもいます。

先日、青色でカニを描いた子どもさんに「青いカニはいない」とおっしゃった大人の方がいました。
青いカニ、いるんですよ…。

世界中には、いろんな魚介類がいます。
たくさんの生き物がいます。
まだ発見されていない「いのち」もあるかもしれない。
どうぞ私たち大人は、子どもたちの感性と自由な発想を、大切に守る存在でありますように―。
[PR]

by uodonya | 2013-06-25 09:18  

子どもたちの未来に

f0175403_11122048.jpg

お父さんと一緒に、朝市に来てくれた可愛らしい男の子。
生きて動いているワタリガニに興味津々。
最初はおっかなビックリだったけど、触れるようになりました。

ワタリガニに石ガニ、シラサエビに手長ダコ。紋甲イカ。
がさごそ、ピンピン、うにゃうにゃと、今日も動く魚介類は子どもたちに大人気。
写真の男の子の他にも、2歳の双子の可愛らしい女の子たちが歓声をあげていました。
売り場に子どもたちがいてくれると、雰囲気が明るくやわらかくなりますね。

おいしく食べて、元気にすくすく大きくなぁれ♪
豊かな海が、子どもたちの未来にもありますように―。
[PR]

by uodonya | 2013-06-22 11:12  

答え合わせ♪

f0175403_105342.jpg

【クイズの解答】
先日、「歯の検査」をした魚は何だったかというと―。
3キロ以上ある“マダイ”でした。
写真は300グラムサイズのマダイです。
小さくても一丁前に、同じような歯をしていますね♪

考えて下さった皆さま、どうもありがとうございました。
正解者に拍手〜!
パチ♪パチ♪パチッ♪

それにしても、マジマジと観察していると、いろんなことが見えてきますね。
魚の世界って、楽しいですo(^-^)o
[PR]

by uodonya | 2013-06-17 10:53  

夏の香り

f0175403_10343724.jpg

全国の河川で、アユ漁が順次解禁になりはじめました。
「アユ漁解禁」のニュースを聞くと、今年も夏がやってきたなと感じます。

見た目に美しく涼やかなアユは、夏らしく、キュウリのようなスイカのような香りのする香魚です。
1日を終えてホッと一息の酒の肴に、アユが登場すると嬉しくなる方も多いのでは?

活きが良いものは、お刺身(背越し)や洗いで。
背越しは骨ごと薄く筒切りにするので、まだ若い骨の柔らかいアユを使うことをおすすめします。

そして何といっても塩焼き!
串を打って、まさに泳いでいるかのようなアユの姿は食をそそりますよね。
煮浸しに田楽、甘露煮。
鮎ご飯に鮎ずし。
稚鮎ならば天ぷらや唐揚げにも。

稚アユ、若アユ、アユ、子持ちアユ。
その時々で似合った料理法でお召し上がりくださいね。
内臓の塩漬け・ウルカの存在もお忘れなく。

天然物にはなかなかお目にかかる機会がないかもしれませんが、養殖物はお買い求めやすい価格で店頭に並んでおりますよ。
(写真は養殖物です)

父(先代・社長)は、子どもの頃から高梁川に親しんで育ちました。
よく聞かせてくれたのが、「鮎の味噌汁はおいしいぞ!プカプカきれいな脂が浮いて。」
天然の鮎をぶつ切りにした味噌汁を初めて口にしたときには、感動したなぁ。

川魚も、海の魚も。
それはそれは見事にきれいに食べていた父。
見た目も精神も、骨太でした。

鮎のシーズンになると、味噌汁の話を思い出します。作りたくなります。
今年も作れるかな。

あなたとお父様の思い出の魚話は何ですか?
お父様のお好きな魚は何ですか?
特に今日は、たくさんたくさんお父様とお話できますように。
(実際にお会いできなくても、会話できなくても、心でね)
父の日に―。
[PR]

by uodonya | 2013-06-16 10:34  

うなぎの夏がやってきた!

f0175403_1046326.jpg

本日、大安ナリ。
朝市にて、この夏初めてうなぎ(高知産)を焼いています。

売り場に漂う、蒲焼きの良いにおい。
お腹が空いてきました。
このところ暑い日が続いたので、栄養をしっかり取りたいところです。
今晩あたり、うなぎはいかがですか?
[PR]

by uodonya | 2013-06-15 10:46  

歯の検査

f0175403_848956.jpg

虫歯予防デーは過ぎましたが、今日は「歯の検査」をしてみましょう〜♪

立派な前歯と―。
あら、二段構えの歯並びですね。
これならしっかり食事がとれそうです。

さて、ここで【クイズ】です。
誰もが目にしたことがあるであろうこの魚は、何でしょう。
アラ煮をよくされる方には簡単かな?


口(喉)の中が真っ黒だったり、まだらの模様があったり。
魚によって、それぞれ口の中にも個性があります。
一尾丸まる見る機会があれば、ぜひ観察してみてくださいね!
[PR]

by uodonya | 2013-06-15 08:48  

親父を思い出すマナガツオ

f0175403_13412516.jpg

一度見たら忘れない、そんなお姿のマナガツオ。食感も味も、他にはない感じです。
瀬戸内海には、今の時期に外海から入ってきますよ。

小さな銀色のウロコが涼しげでしょう?
実はこのウロコ、とても剥がれやすいのです。
こんなにビッシリとウロコで覆われたマナガツオに会えたなら、思わず笑顔にほどです。

「西国に鮭なく、東国に真魚鰹なし」という言葉がある通り、関東よりも関西で知名度の高い魚です。
鮮度がよければ、お刺身で。
まったりとした食感と独特のお味。好き嫌いがはっきりと別れますが、私は好き。
先日握り寿司にしてみましたが、やっぱりおいしかった〜♪
西京焼きや柚庵焼きにしても美味ですよ。

骨がやわらかくて、おろしづらい魚です。きれいな三枚おろしができたら拍手!
当社のお客様(鮮魚店様)が、マナガツオを見ながらおっしゃったことがあります。
「若い頃、親父からマナガツオばかりおろす練習をさせられた。これができるようになったら一人前だからと」。
マナガツオの時期になると、そのときのことを思い出すのだそうです。
というわけで、一人前の証である骨も捨てることなく頂きましょう。
骨煎餅にしてどうぞ。

それにしても、梅雨はいったいどちらに?土用なのかと思うくらい暑いですねぇ…。
そんなこんなで“暑さを吹き飛ばせ!”と明日の朝市では、ウナギを焼く予定です!(数量限定)
他にも旬の魚が並びますよ。

さて、16日は父の日です。
感謝を込めて、お父さんの好きな魚を選んでみませんか?
私も父の好きだった魚にすると致しましょうo(^-^)o
家族の絆がより深まる1日になりますように―。
[PR]

by uodonya | 2013-06-14 13:41